練習なしで歌が上手くなる方法。自分にあったキーの合わせ方。

シンガーソングライターの綿引ゆうです。

新しい曲の練習を始めたけど、上手く歌えない・・・ってことありませんか?

高い音が上手く出ない。

どうしても上手く歌えないフレーズがある・・・

 

でも、そのための練習をするの、ちょっと待ってください!!

練習しなくても簡単に上手く歌える方法があるのですよ。

 

新しい曲に取り掛かるときには、必ずこの作業をすることで楽に上手に歌えるようになりました。

これをするだけで、ぐんと上手くなってしまう秘訣をお教えしますね。

キーの選択

カバー曲を歌う場合、どの曲にも、「原曲のキー」というものが存在します。「キー」とは音の高さを意味します。「原曲のキー」とは、オリジナルと同じ音の高さということです。

「その原曲を歌っているアーティストさんのイメージそのままに歌いたい!」という気持ちから多くの人は原曲のキーで歌ってしまいがちです。

ですが、声は人それぞれ違います。高音が綺麗なあのアーチストさんの声と、自分の声は同じではないのです。無理して自分に合っていないキーで歌うよりも、自分にあったキーで歌うことで、その曲の良さが最大限に引き出されます。

雑誌で素敵なデザインの洋服を着ているモデルさんを見て、この服着てみたいと思ったとします。その時、自分よりもスラッと背が高いモデルさんが着ているサイズを、そのまま着たりはしませんよね。いろんなサイズの洋服が用意されていて、その中から自分にぴったりのサイズを選ぶのではないでしょうか。

なのに、歌になると、自分の声を考えることなく、アーチストさんの声に合った曲を無理やり歌う人が多いです。これでは、サイズの合わないブカブカの服を着ていると同じです。その人の魅力を、生かすことができないのです。

歌の場合は、洋服のように様々なサイズをラインナップして売っているわけではありません。自分に合ったものに、一手間かけて作り直す必要があります。

キーの決め方

自分サイズに作り変える方法、キーチェンジのやり方をお伝えしましょう。

まず、一番歌いたい部分、サビに焦点をあてます。

サビがうまく歌えれば、全体の印象は格段に良くなります。あとはどうでもよいとまでは言いませんが、そこまで重要ではありません。一番重要なサビをうまく歌うことができれば、全体の印象を上げることができるのです。

そして、サビは一番盛り上がる部分でもあります。ほとんどの場合、そこに曲の中で一番高い音があります。これを最高音といいます。この最高音を自分が一番楽に出せる音にすると、びっくりするほど楽に歌えるようになります。

高すぎて歌えない場合は、半音または1音くらい下げてみてください。逆に低すぎる場合は上げます。

キーチェンジ(移調)の知識がある方は、すぐに実践できる方法です。やり方がわからないという方も、次の方法で簡単にやる方法をお伝えします。

 

誰でもできるキーチェンジのやり方

その方法は、ズバリ、カラオケボックスのキーチェンジ機能を使うことです。

カラオケのリモコンには、プラスキー、マイナスキーでキーを変えることができるボタンがあります。

サビの最高音が高すぎるという場合は、➖キー(マイナスキー)で半音下げます。一回押すたびに、半音ずつ下がります。低すぎる場合は➕キー(プラスキー)を押すと半音ずつ上がりますので、同様にやってみてください。こうやって、いくつかのキーを歌い比べて、しっくりくるキーを見つけます。

まずは、サビの部分だけを、半音ずつ上げたり下げたりして歌ってみてください。これだというキーが見つかったら、通して歌います。

サビを1音下げて、歌いやすくなったとします。でも、通して歌った時に、今度は別の場所が低すぎて歌えなくなることもあります。その時は、半音上げてみて、最高音、最低音のバランスを見て決めてください。

最高音に合わせるとこのキーがいいけれど、最低音が低すぎて出ないという場合は、曲の音域が広い難曲を選んでいるかもしれません。もっと音域の狭い歌いやすい曲に変えたほうが楽に歌えるので、そちらをお勧めします。

それでも、どうしても歌いたい場合は、サビの最高音を優先しましょう。先ほども書きましたが、サビが一番目立ちますし、曲の印象を決めるところです。サビが上手く歌えるキーを探しましょう。

自分のキーを把握する

この方法を試していくと、自分のキーがわかるようになります。無理なく出せる最高音、最低音を覚えておきましょう。

自分のキーがわかっていれば、すぐに自分ぴったりにキーチェンジすることができます。

幾つかやっていると、自分と同じキーのアーチストさんに巡り会うこともあります。同じキーのアーチストさんの曲はキーチェンジなしで歌えるので、覚えておくと便利ですよ。

 

まとめ

このように、自分にあったキーを見つけて歌うことで、練習なしに上手く歌えてしまうのですよ!やらない手はありません。

この方法で自分のキーを見つけたら、試しにカラオケで友達に歌って聴かせてみてください。

「上手くなったね?どのくらい練習したの?」とびっくりされると思いますよ。

ぜひとも、さっそく試してみてくださいね。

移調を自分でやってみたい方は、別記事で説明しています。

こちらも合わせてお読みくださいね。

移調の方法!簡単にできる移調のやり方をゼロから解説

最後までお読みくださり、ありがとうございました。