ツーファイブワンとは?ピアノでかっこよく弾くには?

歌うメッセンジャーの綿引ゆうです。

ほとんどの曲には、「ツーファイブワン」という音形が出てきます。

これはたくさんの曲で使われる、最もポピュラーなコード進行の一つです。

これを、簡単にかっこよく弾くコツをお伝えいたします。

難しい理論は、必要ありません!

ぜひあなたも、取り入れてみませんか?

 

ツーファイブワン(ⅡーVーⅠ)とは

ツーファイブワン(Ⅱ−Ⅴー1)とは、その曲のキーのツーⅡ(2番目の和音)、ファイブⅤ(5番目の和音)、ワンⅠ(1番目の和音)というコードを使ったコード進行をいいます。

 

例えば、Cキーにおけるコードは、上記のようになります。

ツーファイブワンは、この中の、2番目のツー(Dm7)、5番目のファイブ(G7)、一番目のワン(CM7)で構成されています。

このうち、最後の音のワン(Ⅰ)はCM7の他にも、Cm7、Cを使う事ができます。

ここでは、Dm7ーG7−C の場合を例にしてみましょう。

▷をクリックすると、音声を聞くことができます。

 

VをF/Gにする

先ほど紹介したのが、ツーファイブワンの基本的な形です。

ですが、カッコよくするために、ちょっとサウンドを変化させることもできます。

 

▷をクリックすると、音声を聞くことができます。

 

2つ目のファイブ(Ⅴ)の部分を、G7からF/G(エフオンジー)に変えて弾くのです。

F/Gとは、コード「F」という意味です。

ですが、ベース音の指定があり、ベースはGを弾くという意味です。

左側の部分はFのコード(ファ、ラ、ド)を表し、右側の部分はベース音の単音(ソ)を表すということです。

Gと書いてあっても、ソ、シ、レの和音を弾いてしまうと違うコードになってしまいますので、気をつけてください。

この形を、「分数コード」や、「オンコード」と呼びます。

 

それでは、楽譜の通り弾いてみましょう。

左手の音は変わりません。「レーソードーーー」と弾いてください。

左手のベース音を変えてしまうと、ツーファイブワンではなくなってしまいます。

何があっても、左手は「レーソードーーー」と弾いてください。

 

そして、弾く音を変える右手の部分です。

ツー(Ⅱ)で弾いていた、「ファ・ラ・ド」を、ファイブ(Ⅴ)でも同じ音で弾きます。

たったこれだけですが、サウンドが変化します。

この時のファイブ(Ⅴ)はG7の構成音を使っていません。ですが、ツーファイブワンと同じ役割を果たしています。

ツーファイブワンの役割については、以下の記事の「重要な音にフォーカスする」という部分で詳しく説明しています。

ピアノでミスタッチをなくすためにできる5つの方法

 

同じ役割のもの同士は、入れ替えが可能なんです。

例えば、洋服を例にしてみましょう。

スカートの代わりに、GパンをはいてもOKですよね。

ですが、Tシャツはスカートの代わりにはなりません。帽子や靴下も、同様です。

そんな風に、この形はツーファイブワンと同じ役割なので、入れ替えが可能なんです。

 

それでは、この2つの違いをよーく聴き比べてください。

ツーファイブワン 構成音のとおり

ツーファイブワン Ⅴ(G7)をF/Gにしたもの

 

どうでしょう!!!!!

私は、最初にこれに出会った時、雷に打たれたくらいの衝撃がありました。

「なんて素敵!!おしゃれなサウンド!」と、感動したものです。

 

構成音の通りだと、「ズバリ!終わりです!」という感じです。

ですが、これを使うと、「さりげなく余韻を残しつつ、終わるのですわ〜。」みたいな大人っぽいサウンドになるのです。

 

しかも、さらにいいことがあります!

構成音のツーファイブワンより、指の動きが簡単ですね。

ツー(Ⅱ)からファイブ(V)への右手の動きがないので、ミスタッチが劇的に減ります。

演奏者にとって、サウンドがいいだけでなく、弾きやすいというのがベストです。

これは、まさにその王道を行くポジションなんですよ。

 

自分の弾きたい曲で応用してみる!

先ほどはCキーでしたが、すべてのキーで応用できます。

ⅡーⅤ7ーⅠ  のⅤ7をそのまま弾かずに、

ⅡーⅣ/ⅤーⅠ と弾けば良いのです!

 

繰り返しになりますが、Ⅳ/Ⅴの解説をすると、

Ⅳはコード、Ⅴはベース音(単音)を表すのでしたね。

例えば、Fキーでやってみると、Gm7ーB♭/CーF になります。

B♭/Cの部分は、右手を(シ♭・レ・ファ)、左手は(ド)で弾きます。

 

まず、ご自身の弾きたい曲の中のツーファイブワンを探しましょう。

そして、上記のように、適宜キーチェンジして弾いてみてください。

ほとんどの場合、入れ替えが可能です!!!

ですが、耳で聞いて違和感がある場合は、無理して使う必要はありません。私も、何か心地よくないと感じたら使わない時もあります。

あくまでも、自分の感性を信じて、「心地いいな!」と感じたら取り入れてくださいね。

 

まとめ

このように、ツーファイブワンのファイブの音を変えると、サウンドが変化します。

ⅡーⅤ7ーⅠ  のⅤ7をそのまま弾かずに、

ⅡーⅣ/ⅤーⅠ と弾けば良いのでしたね。

 

しかも、手の動きも簡単になりますので、ミスも減ります。

簡単ですので、ぜひ使ってみてくださいね!

 

ツーファイブワンについては、以下の記事でも説明しています。

合わせてお読みいただくと、理解が深まりますよ。

ピアノでミスタッチをなくすためにできる5つの方法

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。