超おすすめ!初めて購入するピアノ・キーボードの選び方

歌うメッセンジャーの綿引ゆうです。

ピアノの弾き語りって、ホントかっこいいですよね。

私はビリージョエルが大好きで、あんな風に弾いて歌えたらなってずっと憧れていました。

あのかっこよさを手に入れたくて、弾き語りを始めました。

でも、やっぱり練習が必要だから、自宅にピアノやキーボードが必要になりますね。

自宅にピアノがないという方、これから購入を考えている方、必見!

初めてのピアノ、キーボードはどんなものを選んだらいいのか、お話していきたいと思います

初心者は最低限の機能があれば大丈夫。

まず、どんな弾き語りがしたいのか、何を目指すかでも選ぶものが変わってきます。

将来的に作曲がしたい、路上ライブがしたいなどであれば、それに見合ったものを選んだ方がいいです。

でも、まだ漠然と弾き語りがしたいなという段階では、この先どうなるかは予測できません。

初心者が最初から高額な上位モデルを買ってしまっても、使いこなせないことが多いです。

はじめは、比較的安価の最低限の機能があるものを選んで、必要に応じて、買い換えるのが得策です。

生ピアノと電子ピアノ

弾き心地といいますか、音の響きとかタッチは断然生のピアノがいいです。

クラッシックを本格的に勉強したいのでしたら、間違いなく生ピアノをおすすめします。

ですが、ちょっと弾き語りをやってみたいのでしたら、比較的安価な電子ピアノで十分です。

上達して物足りなくなってきた時に、電子ピアノの上位モデルや生ピアノの購入を検討すればいいと思います。

まとめますと、

生ピアノ

メリット

音のクオリティーが高い。

上級者になっても、使い続けられる。

デメリット

高価(アップライトピアノでも30万円〜)

音が大きく、ヘッドホンをすることができないので、深夜、早朝には演奏できない。

賃貸アパート、マンションでは、ピアノ不可案件もある。

調律費用がかかる。(調律代、一回13000円程度、年に1〜2回)

電子ピアノ

メリット

価格が安いものから高いものまであるので、自分の予算で買うことができる。

調律の必要がない。

深夜でもヘッドフォンをして、練習が可能。

パソコンとつないで、録音、編集することができる。

メトロノーム機能がついている。

弾く鍵盤を光で教えてくれるなど、便利な機能がついていることもある。

デメリット

生ピアノに比べると、音質が悪い。

生ピアノとは音の出る仕組みが違うため、ピアノの高度なテクニックを学ぶには不向き。

まずは、楽器屋さんでリサーチ

ネットショップで検索すると、いろんな機種が出てきます。

価格帯も様々なので、どれを選んで良いか迷いますよね。

ですが、弾き語り練習用でしたら、

電子ピアノの中でも、できるだけ生のピアノに近いタッチのものを選ぶといいです。

でも、ピアノに触ったことがないと、イメージがわかりません。

いきなりネットで買うのは、勇気がいります。

そんな時には、必ず近くの楽器屋さんに行って、リサーチをしましょう。

店員さんに、「弾き語りの練習用を探してます。」といえば喜んで弾かせてくれます。

まずは、実物の生ピアノの鍵盤のタッチをまず確認して、こんな感じというのを覚えておきます。

それから、電子ピアノやキーボードなど手当たり次第触って、生ピアノの鍵盤とのタッチや音の違いを体感してください。

スカスカの鍵盤では、指の練習にはなりません。

できるだけ、ピアノに近いタッチのものを探しましょう。

スタンドにキーボードを乗せて使うタイプだと、安定感がなくて、弾きにくいものもあります。

いろいろ触って、お気に入りを見つけてください。

定員さんに予算を言っておすすめの機種を聞くと、お手頃なものを探してくれます。

気に入ったものがあればカタログをもらって、型番やいくらで買えるかをチェックしておきます。

型番がわかれば、後でネットで検索することもできます。

そこで、価格を比較すれば、一番安くお気に入りのものを手に入れることができます。

選ぶときのポイント

88鍵を選ぶ

まず、鍵盤の数ですが、88鍵を選んでください。

88鍵は、生ピアノの鍵盤と同じ鍵盤数です。

これを選んでおけば、鍵盤が足りなくて困ることがありません。

例えば、ちょっと弾くだけだし、安いからという理由で、61鍵盤など、鍵盤が少ないものを選んでしまったとします。

そうすると、少し上手くなった時、欲しい音が鳴らせなくてストレスを感じるようになります。

結局、物足りなくて買い換えるようになってしまいます。

最初から、88鍵のものを選んでください。

シンセサイザーは選ばない

シンセサイザーとは、音を変化させたり、パソコンとつないで編集するのに特化しているものです。

鍵盤の周りに、ボタンやスイッチがたくさんついていて、高額なモデルもあります。

ローランド 88鍵シンセサイザーRoland JUNO-DS88

ですが、ピアノの弾き語りがしたいのであれば、音を変化させるなど、余計な機能がない方が扱いやすいです。

シンセサイザーには、電源ボタンを入れるだけで、音が出ないモデルもあります。

音の設定をあれこれしないといけなかったり、アンプやパソコンに繋がないと音が出なかったり、何かと面倒なのです。

また、シンセサイザーでは、鍵盤のタッチがスカスカのものが多いです。

電子ピアノ、キーボードと似ていますが、くれぐれもこれを選ばないようにしてください。

私の愛用品をご紹介します

私は普段、アップライトピアノで練習しています。

ですが、夜は練習できないのでキーボードも併用しています。

私の使っているキーボードはこれです。

CASIO ( カシオ ) / Privia PX-150

買ったのは3年くらい前ですが、今は、中古品しか出回ってないようです。

現在販売されている、カシオ 電子ピアノ プリヴィア PX-160BK ソリッドブラックと同じタイプのモデルです。

  • ・ 88標準鍵盤・3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤II(象牙調・黒檀調鍵盤)
  • ・サイズ:1,322×286×135 mm(本体のみ)
  • ・重さ:11.1 kg(本体のみ)
  • ・マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源、
  • ・内蔵曲60曲

ネットで検索すると、¥37,800(税抜)で、販売されていました。

最小限のボタンしかついておらず、シンプルで使いやすい!

お値段の割には、鍵盤のタッチもしっかりしていて、弾きごたえがあります。

私は、こんな風にキーボードを使います。

夜間にピアノの音が出せないとき、ヘッドフォンを使用して。

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろ側にはコード類がさせる穴がいくつかあります。

下の写真、一番右側の2つの穴が、ヘッドフォン用。2つ差し込み口があります。

右から二つ目は、ACアダプター用でコンセントから電源をとるのに使います。

ライブ会場にピアノ、キーボードがないとき、持ち込み機材として。

別売りですが、こんな専用のバックがあります。

カシオ 電子ピアノ プリヴィア PX-160/150対応 ソフトケース SC-700P

これで持ち運んで、どこでもライブができます。

(アンプ、スピーカーなど別途機材が必要です。)

本体の重さが11キロと、88鍵キーボードにしては軽量モデル!女子でもなんとか持ち運べます。

軽自動車でも、助手席を倒せば積み込むことができるコンパクトサイズです。

長さが約130センチあるので、慣れないとぶつけないように歩くのが困難です。

不用意にぶつけてしまうと音が出なくなるので、持ち運びには十分気をつけてください。

パソコンとつないで録音、編集したいとき

私は、ノートパソコンをこんな風にキーボードに乗っけて、つないだりしてます。

後ろに、USBケーブルをつなぐところがあります。

ここから、パソコンとつなげることができます。

付属品

これが、純正のペダルです。

普段アップライトピアノのペダルを踏んでいるので、これでは正直使いにくかったです。

ですので、別売りのペダル(3000円程度)を買いました。↓

カシオ 電子ピアノ プリヴィアPX-160/150対応 サスティンペダル SP-20

これならば、ほぼピアノと同じようにペダルを踏むことができます。

それでも、やっぱりずれたりします。

ライブの本番には、薄手のゴムマットをを敷いたりすると滑りません。

カシオ 電子ピアノ プリヴィア PX-160/150対応 折りたたみ式スタンド CS-53P ブラック

キーボードを置くためのスタンドです。4500円ほど。

折りたためるので、持ち込みのときにも重宝します。

X型 のタイプだと不安定なので、上のような形がおすすめです。

Marverld ピアノ キーボード 椅子 折りたたみ式 3段階高さ調節 滑り止め加工 ブラック 

これは、持ち込みでのライブ用に買ったイスです。(3000円程度)

高さが、3段階(42cm、47cm、50cm)にしか調節できません。

ですので、自宅での練習には、イスはもう少しグレードが高いものを選んだ方がいいです。

カシオ 電子ピアノ セルビアーノ/プリヴィア対応 イス 高低自在タイプ CB-30BK ブラック

 

こんなイスがあると、長時間弾いても疲れません。(7000円程度)

自在に高さ調整もできるので、オススメです。

バラバラに買うのがめんどくさいという方は、セットもあります。

カシオ プリヴィア/CASIO Privia PX770 / 純正高低自在椅子 CB30 ヘッドホン CP16 セット (WE)

カシオ PX-160 シャンパンゴールド「純正スタンド(CS-53P)/折り畳み椅子/ペダル付」CASIO

まとめ

「ピアノ弾き語りがしたい!

初めて購入するには、どんなキーボードを選べばいいの?」という方へ。

私がおすすめするのは、ズバリ!

CASIO ( カシオ ) / Privia PXシリーズです。

カシオ 電子ピアノ プリヴィア PX-160BK ソリッドブラック

価格のお手頃さ、鍵盤のタッチ、持ち運びやすさなど、抜群のモデルなので愛用しています。

付属品を揃えても、約6万で購入することができます。

もし初めてのキーボード選びでお悩みでしたら、ぜひこれを購入して、弾き語りにチャレンジしてみてくださいね。

弾き語り用のマイク、マイクスタンドについては、別記事で解説しています。

こちらも合わせてお読みくださいね。

弾き語りする方必見!演奏よりも大事なマイクのこと。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。