「階名と音名」混同しやすいこの2つの違いとは?

歌うメッセンジャーの綿引ゆうです。

「階名で歌ってください!」

レッスンで、よく聞く言葉ですね。

譜読みをするときには、階名で歌うと音が取りやすいのです。

「階名」と似ているものとして、「音名」があります。

この記事では、その違いについて、説明していきます。

この2つは混同しやすいので、よく理解するようにしてください。

階名(かいめい)とは?

階名とは、音階の名前という意味です。

音階とは、これのことです。

そのキー(調)で使われる音を、音の階段のように、低い音から高い音へ順番に並べたものです。

レッスンで、「階名で歌ってください!」と言われる事があります。

これは、歌詞ではなく「ドレミファソラシド」で歌ってくださいという意味です。

ハ長調(Cメジャーキー)の音階を階名で歌うと、このようになります。

そして、階名には2つの読み方があります。

「固定ド(こていど)」と「移動ド(いどうど)」です。

これについては、別記事で説明しています。

固定ドと移動ドの違い。階名の読み方はどちらがいいの?

音名(おんめい)とは?

階名と似たような言葉に、「音名」というのがあります。

音には名前がついていますが、これが音名です。

これは、国によって次のように表記されます。

先ほど、階名は「ドレミファソラシド」で歌うと言いましたが、これはイタリア式の読み方です。

階名は、通常イタリア式で歌います。

それに対し、音名は音楽の種類によりいろいろな言語が使われる事が多いです。

ジャズ系、ポップス系では、アメリカ式が使われることが多いです。

クラッシック系では、ドイツ式が使われることが多いです。

日本式は、学校のテストで出てきたくらいで、実務的に使っているのを聞いた事がありません。

イタリア式は、主に階名として使っているので、区別するために、音名としては通常使いません。

どれを使っても間違いではないのですが、違うジャンルの言い方だと通じない事もあります。

ですので、ジャズやポップスで音名と言われたら、「アメリカ式」

クラッシックでしたら「ドイツ式」を使えば、みなさんにわかってもらえると思います。

まとめ

「階名」とは、音階の名前という意味です。

通常は、「イタリア式」のドレミファソラシドで読みます。

「音名」とは、音の名前という意味です。

ジャンルによって、使う言語が変わります。

ジャズやポップスでは「アメリカ式」、クラッシックでは「ドイツ式」が使われることが多いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。