初心者がピアノを両手で弾けない時に有効な練習のコツ!

シンガーソングライター綿引ゆうです♪

ピアノを始めて少し進んでくると、両手で別々のメロディーやリズム弾くのが難しくて、挫折してしまったりすることがあります。

「どうしても弾けないところがあり、どうしてもできるようにならない・・・」

そんな時、試してみてほしい方法があります!

私も、この方法を知るまでずいぶん弾けない部分がありました。

これをやってみたら、嘘のように楽に弾けるようになっていました。

その方法をお伝えしてみたいと思います。

*この記事の内容を、以下の動画でも話しました。中央の再生ボタンを押してご覧ください。

歌う練習法

文字どおり、歌う練習法です。

難しくて弾けない部分を切り、階名で声に出して歌ってみましょう!

(階名とは、ドレミファソラシドという音の名前のことです。)

最初は、右手なら右手部分のみ、左手なら左手部分のみ、別々に歌う練習をします。

ピアノ曲だと、音飛びがあったり、高すぎて歌えないとかあると思います。このような場合は、オクターブ上げたり下げたりして、歌える音にして歌ってみるのです。

 

弾けないところって、不思議なくらい歌えないものなんですよ。

要するに、自分の中で消化できていないところなのですね・・・

 

なので、最初はすごくテンポをゆっくりにして、歌ってみましょう。

何度も練習して正確に歌うことができるようになったら、試しにピアノを弾いてみてください。

「あれ?」と自分でも驚くくらい、弾けるようになっているのを実感できると思います。

 

「歌う練習」をすることで、自然と指がその通りに動くようになります。

すごく不思議な感覚ですが、実際にやって体験してみてください。

こんな感じで、まずは片手ずつ完璧に弾けるようにしていきましょう。

 

こんないい事も!

この練習法は、音楽的にピアノを弾くと言う意味でも効果的です。

レッスンで「ここは歌うように弾いてみて!」と先生から言われることがよくあると思います。でも、なかなかその感覚をつかめない時ってありませんか?

しかし、実際に歌ってみると「歌う」という感覚がつかみやすいです。

歌を歌っている人がこの点に関して得意だったりするのは、普段から歌うことに慣れているからです。

ですので、ピアノの上達を考える上でも、「歌う練習」は有効です。

 

両手で弾いてみましょう!

それでは、両手で弾く練習に入っていきます。

ここでも、歌う練習を取り入れていきます。

左手をピアノで弾き、右手部分を歌う(または、その逆)トレーニングです。

このやり方は、両手をピアノで弾くよりかなり難易度が上がります。ですが、一段上の難易度のものを普段の練習で取り入れて、本番は通常に戻すということをすると、すごく余裕で演奏ができるのです。

例えば、皿回しをしているとしましょう。普段、10枚お皿を回して練習しているところ、本番は5枚でいいとなれば楽勝ですよね。これをピアノでやっていきます。

「ピアノを弾く」と「歌う」をいう別々の作業を同時にするので、やったことない方にとってはかなり難関かもしれません。それでも、頑張ってチャレンジしてみてください。

これはあくまでもトレーニングなので、人に見せるわけではありません。ですから、完璧にできなくてもいいのです。あくまで、「両手でピアノを弾くこと」を簡単に思えるようにするためのものです。ですから、少しでもトライすることで効果が期待できます。

 

これができたら、逆(右手部分をピアノ・左手部分を歌)にもトライしてみましょう。こちらも、更に難易度が上がります。できなくてもいいので、少しずつトライしてみてください。

 

だいたいできるようになった時点で、ピアノを両手で弾いてみてくださいね。

「おー!」と感動するくらい、楽にピアノが弾けるようになっていますよ

 

まとめ

このように、難しい部分を歌ってみることで、弾けなかった部分が嘘のように弾けるようになります。

騙されたと思ってやってみてくださいね。

音楽的に歌うように弾くトレーニングにもなりますので、とってもGOODですよ。

「右手を歌う、左手ピアノ」トレーニングも、ぜひ練習に取り入れてみてください。

トレーニング中は少し難しくて嫌になりますが、それを続けることで、ピアノを弾くことがとても楽になります。

余裕ができることで、細かな部分まで意識ができるようになり、より音楽的に弾けるようになりますよ。

少しの練習ですぐに実感できるので、ぜひお試しくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【関連記事はこちら】

ピアノ調律の必要性。調律の驚くべき効果とは!

ピアノが本当に上手くなる先生の選び方とは?

「子供がピアノの練習しない」とお悩みのお母さんへ

ピアノを弾く時に手が小さくて指が届かない時、どうする?

楽譜が読めないけど耳コピでピアノを弾くメリットとデメリット